matsuo ikukoの展示とワークショップ

雨だったり、晴れてもじっとりとしていたり、

夏に向かうこの時期はなかなか難しい季節です。

そんな折に、吹き抜ける涼やかな風のような、爽やかで清々しいジュエリーやスカーフの展示のご紹介です。

不思議なテクスチャーは、実物を見てもやっぱり不思議。

砂糖がのった焼き菓子のようで美味しそう。

しかし、この粉みたいな粒みたいなものは一体何なのか、どうやってくっついているのか?

初めて見た時は全然わかりませんでした。

この不思議な小さなつぶつぶは、日本画で使われる岩絵の具。

岩絵の具はラピスラズリのような鉱石や半貴石を砕いて作っているそう。

京都市立芸大で日本画を修了したmatsuoさん。

絵、ジュエリーという境界なく自由にのびやかに活動されています。

 

そんなmatsuoさんには7月25日(水)にワークショップの先生もしていただきます。

絵は家で一人でも描けますが、案外面倒くさくて紙に向き合う時間が取れないものです。

誰かがくれた題目で、複数人で絵を描いてみると、改めて自分の才能だったり絵の具を使う楽しさに気が付くものです。

このワークショップはそんな気付きのきっかけになる1時間になると思います。

是非ひらめきと気付きの時間を共有しましょう。

お申込みはメールやSNS、店頭やお電話で。

お返事が24時間以内に届かない場合、お手数ですがもう一度違う手段でお申し込みくださいませ。

 

夏休みドローイングワークショップ

開催日 7月25日水曜日

時間  午前の部 11時半~12時半 / 午後の部 13時半~14時半

料金  1名2160円

募集人数 5名 親子でのご参加大歓迎です!

持ち物 水彩絵の具を使用のため、汚れても良い服装またはエプロン。