WORKSHOP/EVENT

6月 2020

1
2
3
4
5
6
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
7
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
8
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
9
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
10
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
11
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
12
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
13
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
14
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
15
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
16
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
17
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
18
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
19
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
20
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
21
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
22
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
23
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
24
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
25
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
26
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
27
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
28
  • YOSHIKOの籐のアクセサリー
29
30

YOSHIKOの籐のアクセサリー

 

以前も籠編みのワークショップを開催してくださったYOSHIKOちゃん。

再び展示をお願いいたしました。ワークショップももちろんやりたい!でもまだ世の中の様子を伺いながら、詳細を決めかねています。決定しましたらSNSで告知をさせていただきますね。

YOSHIKOちゃんは2018年に素敵な著書が発売されております。夏というえば籐が似合う季節。

アクセサリー類はもとより、涼し気なインテリア小物などもご紹介できるかと思います。洋服にも和服にもぴったりの籐。

夏のお祭りに浴衣で行ける事を想定して(お祭りできるのかな)、素敵な小物をご用意いただいております。お楽しみに!

 

Profile

2003年よりオリジナルブランドYOSHIKOをスタート。
〔カゴを編んで頭に浮かんだ景色を表現する〕をテーマに、バッグやアクセサリーの他、近年はインテリアグッズとしての籐作品を製作。
全国のセレクトショップを中心に作品を販売しつつ、展覧会、ウィンドウディスプレイ等でアート作品も発表している。
2018年には初の書籍「YOSHIKOのカゴレッスン 初めての籐編み」(日本ヴォーグ社)を出版

 

 

ドンタク玩具社のいろいろ展

楽しいコケシ、かわいいコケシ、コケシみたいな何か。
見た事ないコケシを、岡山を拠点に活動するドンタク玩具社さんがいろいろ届けてくださいます。
岡山→東北→岡山→東京
コケシ達は旅をして西荻窪にやってきます。
自分のための、誰かのために、
素敵な子を見つけにいらしてください。


STORY

こけしの蒐集、こけしのいる東北の温泉巡りが趣味、という二人が結婚しました。


夫、軸原ヨウスケはこけし愛が高じて、COCHAEとして、書籍kokeshibook伝統こけしのデザイン(青幻社/2010年)を出版。
その前後で東北の伝統こけし工人さんたちに既存の伝統こけしをベースに、新しいデザインを取り入れたこけしをオーダーする機会が何度かありました。

ドンタク玩具社はこの活動の延長上のような形で2015年にスタートすることになります。


こけしや木地玩具(独楽や車など)製作で培った技術を生かし、鑑賞だけではなく、手にとって遊べる玩具の製作にも力をいれています。


2020年4月に京都の書店、誠光社で行った「ドンタク玩具社の人形展」では、軸原美智子が自ら絵付けしたえじこ、自らの郷土である会津の布の民芸ファッション人形を発表し、自ら作り手して活動を始めました。

ドンタク玩具社のオーダーによる玩具の製作は、こけし工人さんたちにとっては副業という事になると思います。
工人さんたち自ら、楽しいアイディアを積極的に出しながらドンタク玩具社の玩具を製作しています。

工人さんたちの遊び心、技、人間的な魅力を知っていただいたり、本来の仕事である伝統こけしにも目を向けてもらえたらうれしいなと思っています。


軸原ヨウスケ
デザイナー。岡山生まれ、岡山在住。遊びのデザインをテーマに活動する「COCHAE」のメンバーでもある。
著書に『武井武雄のこけし』2012(PIE International)、『アウト・オブ・民藝』2018(誠光社)中村裕太との共著など。

軸原美智子
ドンタク玩具社代表。福島生まれ、岡山在住。
少女時代から趣味の手芸を続け、現在は布小物のブランドumaretekitanoyoとしても活動。3歳の育児とともに日々手仕事の喜びを感じ中。

 

 

みやもとかえ これからもり

 

これからもり

これからのためのお守りを

 

これからのためのお守りを展示販売を行います

 

profile

みやもと かえ

ぬいぐるみ・物語作家

 

物語や想いを持って、やさしい 形 を作ります。

 

わた ハーブ 鉛筆 言葉 雲

 

操り人形の 泣き虫なぬいぐるみ 月ちゃん と共に絵本の読み聞かせショーをしたりもします

 

日々 ハーブティー屋さんで働いています

 

経歴

2019.2 

月ちゃんと絵本  

at hitomaruich art gallery

絵本と人形の展示販売



 

 

conyonのビーズの耳飾り

ビーズの粒がキラキラ光る、小さくて可憐なガラスのお花。

conyonさんのビーズピアス、イヤリングを、ぴったりの季節にご紹介いたします。

新緑の中、これをつけてお出掛けができますように。初日夜9時からオンラインショップでもご紹介いたします。

イラストレーターりかちゃんの似顔絵やさん 4月5日(日曜) オンラインショップにてご注文承っております。→ 終了しました

オンラインショップで似顔絵ご購入のお客様、インスタライブにて書いている様子をぜひご覧ください。

 

 

イラストレーターりかちゃんのPOP UP SHOP

 

 

 

シークエンスはやとも&マユボンヌの新春事始め

2020年初売りの1月5日(日)、イラストレーターのマユボンヌさんと吉本のピン芸人、シークエンスはやともさんをお招きして怪しくて楽しいイベントをしていただきます。

どこかに行きたいなー、でも人ごみは嫌だしなーという方にもってこいの、しっとり落ち着いたイベントです。

 

〇シークエンスはやとも/ あなたのお悩み相談&霊体鑑定(800円/清めのバスソルト付き)
〇シークエンスはやとも/お悩み相談&霊体鑑定+マユボンヌの似顔絵セット(お得な2000円)
〇マユボンヌ/白目似顔絵お正月の装いバージョン(1500円/リクエストで背後霊も描けます)
シークエンスはやとも/お笑い芸人
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
霊がよく見えるピン芸人。
心霊怪談師/Disney系YouTuber
月何十本ものライブに出演。
現在女性自身「ポップな心霊論」コラム掲載中。

 

Sun&Summer 手編みの手袋

昨年も人気だったsun&summerさんの手袋が再び!

11月23日土曜から店頭に並べます。

手編みの手袋はふっくらしていて暖かですよー。

お飾りを作ろう!

毎年人気のワークショップ。今年も世界で一つのお飾りを作りましょう!

使いたいパーツなどはぜひお持ちください。お店でもいろいろご用意してお待ちしております。

サンプル&ストックSALE開催します

cikolataとYUKIのサンプル&ストックセールです。

大人っぽくベーシックながらも遊び心のあるYUKIと、cikolataで冬のお買い得セールです。

cikolata

『2020SS受注会』

 

受注会スケジュール

11/1-11/3  西荻窪直営店

11/4-11/10 オンラインショップ

11/16-   高松 pain

西荻窪の直営店でのご予約に関しましては、割引価格にてご予約できます。まだまだまだ先の事ではありますが、春の自分をイメージしながら、ご試着も楽しんでください。

春夏を軽やかに気軽に爽やかに過ごせますよう、素材や形を考えました。ジメジメの夏も気軽に可愛くいられますよう~。

 

 

nekozeyama

『山のおへそに太陽がおりてくる』

 

役目を終えたおへそは、何になる?

ぼくのおへそは、控えめ。

わたしのおへそは深いうつわ。

大事なものをいつでもいつまでもしまって置けるような、伸ばしたり縮めたりしてここから全てを感覚的に判断してる。

そんなボタンのような器に今日は何が降り注ぐだろう。

ぼくのおへそは、キラキラ光る。

 

ご夫婦で作る粘土や絵、奥様のアクセサリー、滋賀での穏やかな暮らしの空気をまとった、モノたち。

ぜひご覧ください。

 

NEKOZEYAMA

京都府生まれ(yasuyuki)と滋賀県生まれ(makiko)の暮らしのあれこれからなる夫婦ユニット。
makikoは京都の美大を卒業後、刺繍家gunya“n”gunyaとして2011年からマイペースに活動する。
yasuyukiは長い間、動物に携わる仕事を続けてきた。ひどい猫背だけどものづくりは2019年までしてこなかった。一緒に暮らしていくうちにyasuyukiの生きものへの愛を感じて、そんなに溢れる思いがあるなら誰にでも作れるんじゃないか?!とmakikoが見たくなったのがきっかけで2019年から滋賀県を拠点にnekozeyamaの活動が始まる。
主に石粘土でおきものをつくる。
カタチを作るのはyasuyuki、色つけはふたりで、仕上げはmakikoが担当。
粘土もこねるし、イラストも描く。バードハウスもつくるし、梅干しもつくる。眉毛が太いカラスも曲がったキュウリもわがままな魚も全部好き。

 

 

 

toheとベトナム雑貨

9月半ばまでtoheのプロダクツに加え、ベトナムとラオスの雑貨も並べております。色々あります、ぜひ見にいらしてくださいね。

 

 

 

 

Scroll to top