Posted on 5月 31, 2022

ジュラシックナスのワークショップは今週末開催です

Posted in workshop, おしらせ

ポップアップ開催中のジュラシックナスさん、なんともいえない、ゆるいキャラクターが、様々な技法で形になって、お店を飾ってくださっています。

高松でデザイン事務所やギャラリーを営みながら、大好きな人形を作り始めたばかりのジュラシックナスさん。持ち前のセンスと、人形愛に溢れた作品は魅力たっぷりです。

そして今回は、人生初めてのワークショップをやってくださいます。

 

「やさしさ」がテーマというだけに、ワークショップもやさしさが満ちています。

まず、時間内にきちんと完成度が高いものが作れるようにと、土台のモチーフを完成させて持って来てくださいます。

これは、針仕事に慣れていない方にも「やさしい」。

 

福笑いみたいに、色んなパーツを組み合わせて、これだ!というところで縫い付ければ、かなり可愛いモノができます(縫うのが苦手な方は、グルーガンなどもお使いいただけますし、喜んで補助をいたします)。

 

あらかじめマグネットが入っているので、完成品はどこかにペタペタくっつけて楽しむ事ができます(ブローチにしたい方には、お店のほうでもブローチピンなど提供いたします)。

お子様と一緒に楽しみながら作るのもお勧めです。

初日の13時は満席ですが、ほかのお時間に空きがございます。

そして、6月4,5日は西荻窪では【西荻散歩】というイベントも開催中です。ちょっと普段は入りにくいお店も、いつもより敷居も低く、気軽に立ち寄れる、と思います。

個性的なお店が多い西荻窪、ぜひ散策も合わせてお楽しみください。

ご予約は、オンラインショップからどうぞ(決済は当日いらしてからさせていただきます)。

ぜひお気軽にご参加くださいね。

ペタペタワークショップ

 

 

Posted on 5月 19, 2022

OPENから丸10年を迎えました

Posted in おしらせ, おはなし

西荻窪のお店は、2012年5月26日にOPENしました。

訳もわからず勢いだけでスタートしたお店は、あの頃仕事を手伝ってくれていた学生や会社員の女の子たちが奮闘してくれて、嵐のようなOPEN日を迎えました。大勢の方が来てくれて、見た事もないくらいに沢山のお花が次々に届きました。(こんなに大勢に祝福される日は、人生にそうそうないだろう)と、私はその光景を絶対に忘れないように、花に彩られたお店の外観を、何度も何度も眺めました。

あれから10年たって、女の子たちも学校を卒業し、働き、結婚して子供を産み、すっかり大人になりました。

「学生の頃に彼からここのアクセサリーをもらいました」

そう言って懐かしんでくださるお客様も、度々いらっしゃいます。

あっという間に過ぎてしまった10年ですが、世の中も、私も、皆もそれぞれに変わりました。

それなのに、お店はちょっと古びただけで、案外変わっていないのがなんだか不思議です。

 

お店はいつまで続けるのかまだわかりませんが、

誰かの懐かしい記憶の一部になれるよう、いましばらく頑張っていこうと思います。

ありがとうございます。

 

Posted on 8月 07, 2021

JEALOUSYさんの夏が始まります

Posted in おしらせ, 新入荷

さて本日から始まりますのが、こちらジェラシーさんのバッグ祭りです。沢山届いていて、それらは全部ちがっていて、そしてすごく手間と愛がこもっているのです。

まず、この夏におススメなのが、ドリンクバッグ。

ペットボトルとか、水筒とか、持ち歩くのにすごく丁度良いのです。ペットボトルとか入れない時は、小さなバッグとしてお財布や携帯入れてお出掛けしてもいい感じです。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの巾着バッグもいくつも届いてます。なんだかロックな感じなんですよ。変なロック。昔ロンドンに行った時に、マーケットで若い子が自作の服や小物を売っていた、あの空気を感じます(90年代の事、古い!)。

 

ものすごく暑いし、東京のコロナ感染者も日々増えていますので、皆さまがお家でお買いものを楽しめるよう、着々とオンラインショップに掲載作業をすすめております。

ぜひ、涼しいところで爽やかにお買い物してくださいね。

とはいえ、お店は普通に金土日でOPENしておりますので、お近くの方はぜひじっくり選びにいらしてくださいね。

月末までやってます。

では皆様、良い休日を!

Posted on 7月 30, 2021

花器を大阪のビブリオテークさんにお届けしました

Posted in おしらせ

こつこつこつと、何か月もひたすら作り続けている花器。その一部を大阪のcafe&books bibliotequeさんにお届けしました。すべて奇跡で生まれた大切な花器ですから(陶芸って思い通りにはいかないんですよ)、

なんだか売りたくないような気もしてきて、もったいぶって、じらして、ようやくお届けする事ができました。届けた後に写真を見ても、なんだかやっぱり売りたくなかったような気がしてしまう、ケチな私。

モールのお花はオマケで花器についてきます。

小さなマグネットもお届けしたので、ぜひお近くにお住まいの方はcafe&books bibliotequeどうぞいらしてくださいね。

美味しそうなパフェやパンケーキがあるお店です。

 

カフェ&ブックス ビブリオテーク 大阪・梅田
〠530-0001 大阪市北区梅田1-12-6 E~ma B1F
☎︎ 06-4795-7553
営業時間 11:00〜20:00
パンケーキ&お食事 19:00 L.O. / ドリンク&デザート 19:30 L.O.

Posted on 4月 17, 2021

イラストレーターWei Hsuan さん

Posted in おしらせ, おはなし

お店をにぎやかにしてくれたWeiさんのポップアップも明日でおしまいになってしまいます。

ユーモアと、見え隠れする可愛らしい日本語のニュアンス、美しい色、偶発的な線。

私だったら隅々まで綺麗塗って、はみ出しは白で修正してしまうかもしれない。

かすれもにじみも、Weiさんがこれで良い!と終わらせたところが完成で、その完成を決められるのが凄いと思う。

なかなか こういう事が皆 できなのです。

 

粘土作品は、平面とはちょっと違う趣で、混じりけのない新鮮な色が、綺麗に隅々にまで塗られ、仕上げにピカピカのニス塗装もしてあります。

そして、ぴったりのパッケージとタイトルが書かれた箱に入れられてる。

そう、ここまでやってWeiさんの作品、色と字とタイトルがかわいいんです。

「きちんと箱入っていて、すごいですね、大変でしたね」

とメールしたら

「大変でしたが、作品がそれぞれの家に収まったらとても良くなって嬉しい」

というようなお返事来て、それも可愛かった。

 

台湾で日本語を学んでいたWeiさん、大学卒業後は台湾で編集の仕事をしていました。

思い立ってやってきた日本でイラストを描き始め、イラストレーターとして歩み始めたばかりです。

これからが楽しみ、ウェイさんのご紹介ができて私はとても嬉しいです。

 

Weiさんのホームページ

 

Posted on 3月 09, 2021

ペヘモリッケのおたのしみショップ

Posted in おしらせ, おはなし

 

かわいいけど、怪しい、なんだか不思議、そんな身に着けるぬいぐるみを作るペヘモリッケさん。

身に着ける? そう、ペヘモリッケさんはファッションアイテムとしてのぬいぐるみを作っていらっしゃるのです。

私は自分もぬいぐるみを作るので、ぬいぐるみを作る人には少し警戒するところがあるし、多分作っている人も私を警戒していることでしょう。

こっそりとペヘモリッケさんをSNSで追い続け、これは全然違う、私とは全然違う、違うジャンルだ! とちゃんと理解したところで、もっと知りたくなって思い切ってお声がけしました。

私はぬいぐるみが好きなんです、やっぱり。

 

自宅のキッチンで作業していらっしゃるというペヘモリッケのマツダさん。

ファーの生地は裁断するときにすごく毛が散るんです。細かい毛が舞い散り、夏場だったら汗ばんだ肌にキラリと光る細い繊維がみっちりと張り付くほどに。私は一度ファーを縫って以来、すっかい嫌になって縫う事を諦めました。

マツダさんすごい、きっと毎日ファーを切って縫っているんだ。それだけでもすごい!

ファーの生地は縫うのも面倒くさいわけです。毛足があるものって毛と毛が合わさって、そりゃあもう、嫌な感じにずれる訳ですよ。それなのに、ペヘモリッケさんの作品は、とても美しく丁寧に仕上げられているのです。

「ふつうに縫ってますよー」みたいな顔をして、美しく佇むのです。

 

「これは職人の仕事だ」

私は、ペヘモリッケさんの品々を店で見渡しながらそうつぶやくのです。

 

美意識が高い職人、ペヘモリッケのマツダさん。凄い人。

 

大人気の花瓶ちゃんは、最終日の21日、お店が終わった19時すぎから、再びオンラインショップで受注します。

お店では全色購入可能だし、店で買った方がちょっと安いので、お近くの方は是非見にいらしてくださいね。

 

花瓶ちゃんの通販ページ(また21日の夜に在庫を足しますからね~)

 

Posted on 1月 06, 2021

今年もよろしくお願いいたします

Posted in おしらせ

ここまで長引くと思っていなかったコロナ禍、引き続き予断ならない状況ではありますが、今年も淡々と、美しいもの、可愛いものをお届けしていきたいと思っております。

どんな世界になっても、無駄なものは案外必要。

無駄万歳で、今年も無くてもいいけど あったらワクワクするものを沢山ご紹介してまいります。

 

今週土曜日からのOPENです。

イラストレーターりかちゃんをお迎えして、似顔絵屋さんからのスタートになります。ご予約絶賛承り中です。

状況を鑑み、オンラインでの似顔絵も承る事にしました。遠方の方もぜひ、りかちゃんイラストの牛になりましょう!

 

では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

cikolata

大石さちよ

Posted on 12月 12, 2020

こけしたちと過ごす冬

Posted in おしらせ, 新入荷

たまたま目にして、あまりの可愛さに衝撃を受け、お声がけさせていただいたドンタク玩具社さん、それは2020年が始まってまだ間もないころでした。ぜんぜんコロナなんて言葉が出ていなかった頃。

ドンタクさんにお会いする事もできぬまま、何回も可愛いこけしたちを預からせていただきました。

そしてまた、冬にも是非、とお願いしてしまいました。だって、冬、年末年始、こけし、ピッタリ来るではありませんか。

まず、おススメは『おもちのもっち』です。

師走になるとスーパーに並ぶ小さな鏡餅。てっぺんに乗る干支も可愛くて、「かわいいねえー」なんて言って一度は手に取り、なぜかまた戻す。

これを今までの人生でずっと繰り返しているんです。安いんだから買えばいいのに。

でも今年は違います。だって『もっち』がいるから。今年もこれから先も、年の瀬は『もっち』を飾り、清々しく過ごしたい!なんて思うのです。

 

2021年は丑年。ドンタクさん家の生まれたての子は、この子たち。『やさしい牛さん』です。

その名の通り、八の字眉毛がなんとも優しい、丸いほっぺの牛さんです。牛さんの背にのる坊やは、赤と紺のブランケットの上にちょこんと座っています。干支グッズを集めている方も、そうでない方も、2021年はこの牛さんと坊やをぜひ傍らに置いて欲しいものです。

クリスマスツリーを出すの、面倒だなあ、なんて重い腰をあげてヨイショと大きいツリーを飾ったのは、ついこの間のことだったのに、もうすぐクリスマスじゃないですか。来週末がクリスマス前の最後の週末です。だから何だ?って感じですけど。

この子たちは『球体こけし』といいます。クリスマス用に作られた子ではないです、スカートには梅の模様がありますし。だけど何でしょう、聖夜にやってきた使者みたいな、ツーンとすました様子は。

トンガリ帽子も小さなお顔もかわいい。静かにクリスマスを楽しみたい、でも、できれば片づけなくてそのまま飾りたい、という人にぴったりです。

 

来週からは寒いみたいですね。この『福雪だるま』は、クリスマスも正月も、冬を全面的に見守る雪だるま。冬の玄関に飾りたい子。

雪、積もるかなー、あんまり降ると困るけど、ちょっとだけ雪が積もって、小さな『福雪だるま』みたいな子を作りたいもんです。

 

ドンタク玩具社さんからは、こけしや、こけしみたいなものが届いております。1月半ば過ぎまでご覧いただけます。

 

●オンラインショップのドンタクさんのアイテム

https://cikolata.theshop.jp/categories/2977651

 

 

お店は12月27日(日)が年内最終店舗営業日

12月30日-1月3日 配送休業

1月9日(土)が新年の初営業日です。

 

みなさま体に気を付けてお過ごしくださいませ。

 

 

Scroll to top